13インチiPad Airを買ったら11インチProも手放せなくなった話

当ページのリンクには広告が含まれています。
13インチiPad Air 11インチ どっちが最適?

当初の予定では13インチiPad Air(M2)を買ったら、これまで使っていた11インチiPad Pro(第2世代)は売却するつもりでした。しかし、実際に使ってみると11インチと13インチって同じiPadだけど、使い道が微妙に違うんですよね。

13インチは、その大画面が魅力なので、映画やドラマを鑑賞する際や、イラストを描く時に、この広い画面は非常に便利です。また、ブログ執筆や動画編集なども画面が広いと視認性が高く、効率的に作業できます。

また、楽天マガジンなどで雑誌を読むときも、iPadを横向きにして見開きで読んでも、文字が大きく読みやすいし、縦位置で使えば本物の雑誌と同じくらいのサイズ感で読むことができます。

しかし、13インチになると重さもあるし、積極的に持ち運んで使おうという気持ちにはならないので、11インチとは使い心地が全く違うんですよね。

一方、11インチiPad Proは、軽いとまでは思いませんが、気軽に持ち運んで電子書籍を読んだり、SNSを流し見するときに便利です。リフレッシュレートも120Hzと滑らかなので目も疲れないし、どこでもすぐに使える手軽さがあります。

とはいえ、わが家にはiPad mini 5もあるので、持ち運びを考えるとiPad miniに軍配が上がります。ただ、画面サイズが小さい分、作業効率や視認性ではやはり11インチや13インチに劣ります。結局、どのiPadもそれぞれの強みと弱みがあり、使い方次第で最適な選択が変わるんですよね。

13インチiPad Airは、デスクでの作業や動画視聴に最適で、11インチiPad Proは、外出先での作業や軽いエンターテインメントに適している。一方、iPad mini 5は、気軽にバッグに入れて持ち歩くことができるため、ちょっとした移動にも最適です。

こうして考えると、iPadを用途別に使い分けることで、それぞれのデバイスの利点を最大限に活用できることがわかります。ということで、売却を考えていた11インチiPad Proも、結局は手放せなくなってしまいました。

こうなってくると、第2世代のiPad ProをM4チップを搭載した最新モデルにリプレイスしたくなるし、iPad mini 7が発表されたら、それはそれで欲しくなるだろうし…この先の物欲を考えると恐ろしくなってきました(笑)

created by Rinker
Apple(アップル)
¥20,919 (2024/07/19 02:34:19時点 Amazon調べ-詳細)
13インチiPad Air 11インチ どっちが最適?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてみんなに伝えよう
目次