【実写レビュー】TAMRON 50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXD (Model A067)

当ページのリンクには広告が含まれています。

タムロンの望遠ズームレンズ「TAMRON 50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXD Model A067」を購入しました。これまではAPS-Cセンサーのミラーレスで100-400mmのレンズを使っていて、望遠側の撮影には満足していましたが、広角側が160mmスタートになってしまうのが気になっていました。

そこで、フルサイズのα7IVで使える「50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXD (Model A067)」を選びましたが、これが大正解でした。α7IVならAPS-Cクロップが使えるので、実質50mmから640mm相当の撮影が可能になります。これならレンズ交換の手間がなく1本でお出かけできるので荷物も減って完璧な使用感でした。

created by Rinker
タムロン(TAMRON)
¥148,500 (2024/07/21 22:50:37時点 Amazon調べ-詳細)
目次

【外観レビュー】TAMRON 50-400mm F/4.5-6.3

TAMRON 50-400mm F/4.5-6.3 レビュー

まずはサイズ感ですが、一般的な100-400mmレンズと同じくらいの大きさです。ですから、これまでタムロンの100-400mm(Model A035)を使っていた自分としては違和感のないサイズ。また、発売日は2022年9月と比較的新しいレンズになるので、最新の機能が搭載されています。

TAMRON 50-400mm F4.5-6.3 DiIII VC VXD レビュー

手ブレ補正のモードスイッチ、カスタムモードスイッチ、そして、左側にある丸いボタンは「カスタムボタン」です。ここには好きな機能を割り当てることが可能です。

TAMRON 50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXD Model A067 レビュー

レンズにはUSB-Cポートがあり、専用ソフトウェア「TAMRON Lens Utility」に対応しています。パソコンと接続して、ファームウェアアップデートや各種カスタマイズが可能なんです。めちゃ便利。

端子はむき出しなので、雨などが不安だと思いましたが、防水タイプのUSB-C端子になっているので屋外でも安心して使えるそうです。でも、ちょっと不安なので他社性のキャップを買おうかな。

TAMRON 50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXD Model A067 レビュー

レンズ径は67mmです。わが家のレンズは67mmばかりなので、フィルターなどを共有できて便利です。

TAMRON 50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXD Model A067 レビュー

今回、自分はマップカメラで購入しましたが、キャンペーンで「Kenko PRO1D Lotus II プロテクター 67mm」がおまけで付いてきました。これ、Amazonで5,457円もする商品なので嬉しかったです。

TAMRON 50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXD Model A067 レビュー

マウント部はこんな感じ。防塵防滴になっていて、α7IVとの装着感は固めでした。ガッチリ固定される感じ。

TAMRON 50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXD Model A067 レビュー

α7IVとの組み合わせはバランスも良くいい感じ。もちろん、レンズフードを装着するとそれなりに圧迫感のあるルックスになりますが。

TAMRON 50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXD Model A067 レビュー

気になる重量ですが、α7IVとセットで使うと1865gでした。

TAMRON 50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXD Model A067 レビュー

軽いとは思いませんが、半日くらいの撮影だったらギリギリ耐えられる重さだと思います。最初に書きましたが、実質50mmから640mm相当の撮影が可能なので、他の交換レンズを持たないと考えたらトータルの荷物は軽くなると思います。

【実写レビュー】TAMRON 50-400mm F/4.5-6.3

TAMRON 50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXD Model A067 作例写真

α7IVとの組み合わせは最高でした。これまで使った、どの望遠ズームレンズよりシャープで解像度も高く、オートフォーカスも正確で速く、個人的に大満足の使用感でした。これは、2023年の買ってよかったランキングに確実に入りますね。

α7IVだとAPS-Cクロップが使えると書きましたが、50mm、400mm、640mm(APS-Cクロップ)で、どれくらいのズームできるのかチェックしてみました。

TAMRON 50-400mm F4.5-6.3 Di III VC VXD

50mm

TAMRON 50-400mm F4.5-6.3 Di III VC VXD

400mm

TAMRON 50-400mm F4.5-6.3 Di III VC VXD

640mm(APS-Cクロップ)

これだけズーム域があると、スナップ撮影から野鳥撮影まで幅広く使えて便利です。そして…このレンズもう一つの特徴は最短撮影距離の短さです。こんなに大きな望遠レンズなのに、広角側での最短撮影距離は0.25m、最大倍率は0.5倍です。

TAMRON 50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXD Model A067 作例写真

普通にテーブルフォトで使えますし、レンズ前ギリギリまでピントが合うので、片手でビールを持った写真だって撮れちゃいます。

TAMRON 50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXD Model A067 作例写真

ということで、α7IVにTAMRON 50-400mm F4.5-6.3 DiIII VC VXDを装着して動物園で写真を撮ってきたので、少しだけ作例写真をアップします。

TAMRON 50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXD Model A067 作例写真

TAMRON 50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXD Model A067 作例写真

TAMRON 50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXD Model A067 作例写真

TAMRON 50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXD Model A067 作例写真

TAMRON 50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXD Model A067 作例写真

TAMRON 50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXD Model A067 作例写真

α7IVの設定で「動物瞳AF」をオンにして撮影しましたが、ビシバシ瞳AFが効いて気持ちよかったです。ちなみにα7IVには「鳥瞳AFモード」も搭載されています。鳥の撮影時にはこちらのモードに切り替えると本当に便利でした。

TAMRON 50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXD Model A067 作例写真

こちらの写真は「鳥瞳AFモード」をオンにした写真で、次の写真はオフです。

TAMRON 50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXD Model A067 作例写真

細かな違いですが、α7IVの便利さを実感したテスト撮影でした。そして、動物園の中を歩いていると、珍しい花が咲いていたりします。こんな時もTAMRON 50-400mm F/4.5-6.3は大活躍。

TAMRON 50-400mm F/4.5-6.3 作例写真

TAMRON 50-400mm F/4.5-6.3 作例写真

午前中に動物園の撮影を楽しんでいたら、雨が少し降ってきたので、食事をしてから帰ることにしたんですが、ランチの写真もこのレンズだけで撮れちゃうんですよ。

TAMRON 50-400mm F/4.5-6.3 作例写真

広角側の写真はスマホに任せて、50mmから望遠はTAMRON 50-400mm F/4.5-6.3を使う旅行も楽しそうだなって思いました。現在のAmazon価格は145,000円(税込)と、安いレンズではありませんが、写りは抜群だし便利だし、おすすめ度は高いです。気になった方はチェックしてくださいませ。それじゃ!また!

created by Rinker
タムロン(TAMRON)
¥148,500 (2024/07/21 22:50:37時点 Amazon調べ-詳細)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてみんなに伝えよう
目次